職人でも転職はできるの?

職人と一口にいっても色々な業種が存在しますが、現在、大体の場合は左官・外構・躯体などの建設技能者、内装技術者、電気工事技術者や自動車修理工などの建設・機械技術、剪定などの園芸技術を習得している人を指します。
しかし、職人の技術はいつでもずっと有効であるとは限りません。
特に、機械技術関係はある程度新技術の習得をしていかないと、結局どこにも必要とされない事態が生じてきますし、建設関係でも新建材や新工法に対応できないと依頼が減り、単価も下がっていきます。
結局のところ、職人としての転職、職人への転職がうまくいくかどうかはひとえに技術の高さ、勉強の度合いに依るところが大きく、その上で様々なコネクションを大事にするマメさも必要となります。