自作パソコンとBTOパソコンの大きな違いって?

BTOパソコンと自作パソコンの違いといえば組み立てが一番の違いでしょうか。
BTOパソコンの場合は、パーツを選択して組み立ててもらい、パソコンとしてできあがったものを購入するということになり、自作パソコンの場合は自分で組み立てていく形になります。
自作パソコンも格安でできますがBTOパソコンのように組み立ててもらうわけではないので上手くいかずに起動できない時もありますがBTOパソコンにはそういった心配はありません。
組み立てキットというものもあって自分で組み立てる為のマニュアルもついてくるから、絶対に作れないというわけではありませんが、やはりインストールをしたりしなくてはいけないので、ある程度パソコンの知識を持っている方が自作パソコンの場合はいいかと思います。
でも自分で作ったパソコンにはすごく憧れていたりするので、いつかは自分で作ってみたいものです。
パソコン買い換え?機能と価格で失敗しない選び方【最新!激安口コミ】